活性酸素のお肌への影響

活性酸素のお肌への影響は、非常に大きいものがあります。肌トラブルの大きな原因になるので、気を付けないといけません。肌トラブルの原因は、紫外線によるところが大きいのですが、それは紫外線そのものが持つ力ではなく、紫外線によって作られる活性酸素が原因になります。活性酸素が増えると肌細胞を老化させることになります。活性酸素は、外部の刺激から体細胞を守る役割があるのですが、増えすぎると細胞を傷つけてしまうデメリットがあります。紫外線には、人体にとって有害な物質がたくさん含まれていて、紫外線を皮膚に浴びると、たくさんの活性酸素が生み出されることになります。活性酸素の作用で肌細胞は酸化することになり、酸化すると肌は老化します。活性酸素が肌に与える具体的な影響としては、シミがあります。活性酸素がもたらす肌への悪影響で最も大きいのがシミで、一度できてしまうとなかなか消えません。そして活性酸素は、肌の潤いとハリを失わせることになります。活性酸素が増えると、肌に瑞々しさを与えるコラーゲンやエラスチンが酸化するので、肌に弾力が失われ、シワができやすくなります。